サイトメニュー

症状を申告しよう

看護師

意欲がわかないうつ状態の日が続いているのであれば、専門のクリニックを受診しましょう。クリニックは、勤務先の産業医が紹介してくれる場合もありますが、そうでない場合は自身で見つけないといけません。うつ病が発症しているとクリニック探しの意欲がわかないということもありますが、優良なクリニックを見つける事は重要なことです。口コミサイトや情報サイトを参考にクリニック選びをしましょう。また、実際にクリニックへ足を運んで、カウンセリングを受けるとよいでしょう。クリニックの雰囲気をチェックすることが出来る上に、医師との相性を知ることができます。意欲がわかないうつ状態の日が続くことで、体調を崩してしまうので、早めにクリニックを見つけましょう。そして、通院するクリニックが見つかったら、治療を進めていきます。うつ病はカウンセリングや抗うつ剤の服用といった治療をします。カウンセリングの際には、実際に感じている症状を明確に伝えましょう。意欲がわかない、悲観的な日が続くなど、些細なことも医師へ伝えるようにしましょう。また、抗うつ剤治療が始まった際には、症状の経過について医師にきちんと伝えるようにしましょう。抗うつ剤によって症状が緩和してくると、処方される量が減らされます。しかし、患者の中には、処方の量が少なくなると薬の効き目が弱くなるのではと考え、症状の経過について嘘の申告をすることがあります。しかし、そうなると寛解までの道のりが遠くなってしまいます。また、患者によっては、指定されている服薬方法を守らずに、まとめて服用したり、複数のクリニックに通って薬を処方してもらったりしている人もいます。このようなことをしていては、薬の効果を実感することが出来なくなってしまいます。なので、医師から指定された服用方法をきちんと守り、信頼できるかかりつけ医をつくって受診しましょう。薬をきちんと服用して、ゆっくり休養すれば、うつ病の症状は少しずつ緩和していきます。しかし、症状がなかなか良くならない場合だと入院が必要になることも珍しくありません。もし、心療内科や精神科で入院となると、躊躇してしまう人もいるでしょう。しかし、入院前に治療プログラムをしっかり説明してくれます。また、クリニックによっては復職支援サポートまでしっかり行なってくれるところもあります。家族や職場と相談しながら、しっかり病気と向き合うことが出来るのです。また、うつ病や双極性障害を発症すると、自身できちんと身体管理をすることができなくなったり、自殺願望に襲われてしまったりと、24時間体制で見守りが必要になるケースもあります。そのような場合、家族の負担は大きなものです。家族の負担を軽くするためにも、入院による治療を勧められたら受け入れるようにしましょう。基本的に、入院中には担当医との個人面談や薬物療法からスタートします。そして、入院生活の中で心理教育を受けていくのです。病気についての理解や薬との付き合い方を学んでいきます。また、集団精神療法も行なっていきます。患者の中には、集団でいることにストレスを感じて、日常生活を過ごすことが難しくなった人も少なくありません。そのような患者に対して、集団で過ごす為の訓練を行うのです。プライバシーを大切にして、お互いの心の中に抱えている課題を解決することがテーマになっています。また作業療法もあります。このような専門的な治療を受けて、社会復帰を目指していくことが出来ます。

Copyright© 2019 意欲がわかないのは病気のサイン【うつ病対策をしよう】 All Rights Reserved.