サイトメニュー

意欲がわかないと思ったら

ハートと聴診器

うつ病が発症する原因には、職場のストレスというものがあります。ビジネスシーンでは、社内の人間関係だけでなく、取引先である社外の人とも関わらなくてはいけません。その為、人間関係に悩む人が多いのです。さらに、ノルマなどがあれば、ノルマ達成の為に気を張ることもあります。その為、仕事のことで悩み、うつ病を発症する人が少なくありません。うつ病の初期症状として多いのが、意欲がわかない日が続くというものです。周りから見るとやる気がなく、サボっているように見えてしまうこともあります。それによって、叱責されて気が塞ぎこみ、うつ病が悪化することもあるのです。意欲がわかないと感じた初期の段階で、体の異変に気付けるようにしましょう。また、うつ病は、自分自身で異変に気付くことが難しい病気です。その為、個人だけでなく、会社としても社員の精神状態を把握しておくことが重要でしょう。近年、ストレスチェックテストを年に1度行なうことが企業には義務付けられています。そのストレスチェックテストで、自分自身のストレスレベルを把握しましょう。また、会社は社員のストレス緩和を図る参考材料としてストレスチェックを活用しましょう。意欲がわかない原因を知ることで環境を改善することができるのです。環境を改善すれば意欲がわかないと悩んでいる社員が少なくなり、会社全体の雰囲気が変わるはずです。また、高ストレスを抱えている人は、産業医のカウンセリングを受けることも出来ます。医師のカウンセリングを受けることで、気持ちを明るく保つことが可能になるでしょう。産業医とは、従業員の健康を守る為に、事業所に指導や助言などを行なう医師のことです。労働安全衛生法の規則より、一定規模の従業員を雇う職場では産業医と従業員の面談などが義務付けられています。ストレスチェックによって高ストレスの結果が出た人以外にも、長時間労働者、健康診断受診後に希望する従業員が産業医との面談をしています。もし、職場の労働環境に違和感があったり、自身の身体のことで不安に感じていたりしているのであれば、相談してみましょう。相談すると、会社の労働環境改善に向けて行動してくれたり、病院の紹介状を書いてくれたりしてくれます。一人で悩むよりも、誰かに話をした方が気分もスッキリするでしょう。また、最近では、専門クリニックも多数存在します。心療内科や精神科などはハードルが高いと感じてしまう人が少なくありませんが、そのようなことはありません。以前よりもハードルは低くなっています。クリニックでは医師の他にもカウンセラーが在籍しており、話を丁寧に聞いてくれます。患者同士でコミュニケーションが取れるグループセッションなどもあるので、気になる人は参加してみても良いでしょう。他の患者と接することで自分自身の考え方などを改善することが可能になります。

Copyright© 2019 意欲がわかないのは病気のサイン【うつ病対策をしよう】 All Rights Reserved.