サイトメニュー

うつ状態を自覚する

病院内

診断してもらう

意欲がわかない、気分が落ち込む、劣等感が襲うなどの症状に悩まされるうつは、15人に1人が発症する可能性を持っている病気です。症状が悪化すると、意欲がわかないという症状だけでなく、希死念慮に襲われることも珍しくありません。特に、うつ病の一種である双極性障害を抱えている場合、注意が必要です。この双極性障害とは、躁うつ病とも呼ばれています。躁状態と意欲がわかないうつ状態を繰り返す病気で、躁状態の時には気持ちが高まります。自分自身が大きな人間になった気持ちになり、なんでも出来そうな気分になります。この躁状態の際に希死念慮に襲われると、自殺を実行してしまうこともあります。意欲がわかずに塞ぎこんでいるうつ状態よりも注意したいものです。双極性障害を発症すると仕事にも大きな影響を及ぼします。躁状態の際には、仕事をバリバリこなすことが出来ますが、うつ状態に切り替わると、とたんに意欲がわかない状態になります。なので、事前に病気について会社へ相談しておいた方がよいでしょう。また、症状が進行してしまう前にクリニックを受診して治療を受けるべきです。仕事が忙しいと通院は後回しになりがちですが、病気の改善を第一に考えましょう。症状の進行具合によっては、長期にわたって休養しなくてはいけないと診断されるケースもあります。その際には、医師の診断書が必要なケースがあります。診断書取得をすることで、傷病手当金の申請が出来る場合もあるので、会社へ問い合わせてみましょう。しかし、診断書取得時に把握していておきたい事があります。それは、医師の診察を受ける際に、症状によって日常生活に影響がでていること全てを伝えることです。人によっては、医師に全てを伝える意欲さえわかないという人もいるでしょう。そのような場合は、家族や友人など身近な人に付き添いをしてもらっても良いでしょう。医師は、患者から申告された内容をもとに、障害状態を判断します。その為、きちんと伝えなければ、症状が軽い方だと判断されて、診断書を書いてもらえないこともあるのです。もし、付き添いをしてくれる人がいないと言う場合や家族と離れて住んでいて普段の状態を分かる人がいないと言う場合などは、日常生活のなかで感じたことなどをメモにまとめておくと良いでしょう。また、医師の今までの治療実績や評判をきちんと確認した上で、親身になってくれる医師を探して診察や診断書作成依頼をするようにしましょう。診断書は、傷病手当金の申請だけでなく、休職の際の申請手続きや退職願いを提出する際にも必要になるケースが少なくありません。さらに、仕事を退職し障害年金を申請する際にも必須です。なので、きちんと対応してくれる医師に依頼しましょう。

Copyright© 2019 意欲がわかないのは病気のサイン【うつ病対策をしよう】 All Rights Reserved.